プライバシーを確保したいなら、ガラスを交換しよう

window_privacy
外から自宅の部屋の中が丸見えの為、いつもカーテンを閉めているといった方はいないでしょうか。たしかにカーテンを閉めることで外から見られることはないのですが、自分が外の景観を見ることが出来なかったり部屋が暗くなってしまうなどマイナスな面もいくつかあります。自分は外を見たいけれど、外からは見られたくない、そんな願いを叶えるガラスが世の中には存在します。正確にはガラスに工夫をすることによってそのような効果をもたらすことが出来るのですが、その工夫とは既存のガラスに特殊なフィルムを貼りつけることです。ガラスに貼りつけるフィルムでプライバシーを確保出来るものには「プライバシーフィルム」、「反射タイプの遮光フィルム」などがあります。プライバシーフィルムは外から中を見ることが出来ませんが中からも外を見ることが出来ないフィルムであり、カーテンなどでは不可能な光を取り込む目隠しが出来るフィルムです。そして反射タイプの遮光フィルムが先に書いた、自分からは見えるが外からは見えない(非常に見えづらい)ものにあたり、外から見ると鏡のように反射しますが中からは外の様子を見ることが出来ます。非常に便利に思えますが一つだけ気を付けなければいけない点があり、夜になると外と部屋の中の明るさが逆転する為フィルムの効果も逆転してしまうということです。つまり外からは見えるが中からは見えないといった状態になってしまいます。その為夜間はカーテンをする必要があります。そのような点からまだ完全とは言えませんが、今後そういった弱点を補完するフィルムも登場するかもしれませんね。